利尻ヘアカラートリートメント最高!

 

といった良い口コミが多い中、

 

利尻ヘアカラートリートメント微妙

 

といった悪い口コミもチラホラ見かけます。

 

では、なぜ、
利尻ヘアカラートリートメントに、
悪い口コミが出るのでしょうか?

この謎を探るべく、今回は、
利尻ヘアカラートリートメントの
悪い口コミをいくつか集めて、
どんな共通点があるのか?
といった事を調査してみました。

 

利尻ヘアカラートリートメントの悪い口コミ

では、早速、
利尻ヘアカラートリートメントの、
悪い口コミの内容を紹介していきます。

以下に紹介する悪い口コミを読む事で、
利尻ヘアカラートリートメントの、
どこが悪いかがわかるでしょう。

 

手軽に染められると思い購入しましたが、
私みたいに白髪の多い方には
向いてないと思いました
少しの白髪ならば隠せるかな?
出典元:利尻ヘアカラートリートメント 楽天

 

お風呂場にて試してみました。
染まりが良くありませんでした。

染めた後、洗う時に手についた
染料はなかなか落ちませんでした。
出典元:利尻ヘアカラートリートメント 楽天

 

毎回待ち時間が必要なので
せっかちな私には
向いてなかったみたいです。
出典元:利尻ヘアカラートリートメント 楽天

 

とてもよく染まりリピートしています。
しかし容器に不満があります。

以前はもっと固い材質で、
もっと出しづらかったので、
現在の容器になってからは、
少し扱いやすくなりましたが、
でもやはりまだ
中身をスッキリとは出せず
出典元:利尻ヘアカラートリートメント 楽天

 

上記の悪い口コミが、
利尻ヘアカラートリートメントの、
悪い口コミの内容になります。

 

上記の悪い口コミを見ると、
それぞれに特徴があるのがわかります。

 

そこで、悪い口コミの内容を
以下にまとめみると、

・白髪多いと染まりが悪い
・染料が手に付くと落ちにくい
・毎回待ち時間が必要
・容器が固く、出しづらい

といった4つの不満が、
利尻ヘアカラートリートメントの、
悪い口コミに共通していました。

 

白髪多いと染まりが悪い

利尻ヘアカラートリートメントを使うと、
市販の白髪染めや、
美容院で染めたように、
“しっかり白髪染まる”
というイメージがあると思います。

 

しかし、
利尻ヘアカラートリートメントの場合、
キューティクルを開かずに、
染料を髪に付着させる、
ヘアマニキュアになります。

その為、髪や頭皮への負担が、
非常に少ない分
市販の白髪染めと比べると、
どうしても染まり具合が悪くなります。

 

そうなると、悪い口コミにあるように、
白髪の量が多かったりすると、
染まりが悪く、
期待していた効果が
得られない可能性が出てきます。

 

一方で、市販の白髪染めや、
美容院での白髪染めの場合、
専用の薬剤で、
キューティクルを強引に開いて
髪の芯に染料を浸透させます。

 

こうすることで、
白髪の染まり具合が良くなり、
悪い口コミにあるような、
「染まりが悪い」
といったことがなくなります。

 

ただし、市販の白髪染めや、
美容院での白髪染めの場合、
利尻ヘアカラートリートメントと違い、
キューティクルを開くので、
髪や頭皮への負担が非常に大きくなります

 

だから、髪質が細くなったり
薄毛になる可能性が高くなってもいいから、
“白髪をしっかり染めたい”
と言う場合は、
利尻ヘアカラートリートメントではなく、
市販の白髪染めや、
美容院での白髪染めの方がよいでしょう。

 

染料が手に付くと落ちにくい

これは悪い口コミの中でも、
特に多かった内容になります。

利尻ヘアカラートリートメントは、
白髪染めの部類に入るので、
トリートメントに染料が入っています。

 

その為、素手で白髪を染めようとすると、
手に染料が付いたり、
爪の中に染料が入ったりして、
それらを落とすのに苦労します。

 

悪い口コミでも、
「爪の中に入ってしまう」
といった意見も多くありました。

ただ、この回避策としては、
ビニール手袋を使ったり、
コームを使ったりすれば、
手の汚れは防ぐ事が出来ます。

 

市販の白髪染めでも、
使う際はビニール手袋を使うので、
利尻ヘアカラートリートメントの時も、
同じ方法で使えば問題ないでしょう。

 

毎回待ち時間が必要

この悪い口コミも、
利尻ヘアカラートリートメントでは、
多くありました。

 

白髪を染める場合、
市販の白髪染めや、
美容院での白髪染めであっても、
待ち時間は必要です。

特に美容院で白髪染めをする場合、
1時間以上待つこともザラです。

 

利尻ヘアカラートリートメントの場合、
待ち時間は人にもよりますが、
20分~となっています。

確かに少し待ち時間は掛かりますが、
美容院へ足へ運ぶ時間などを考えると、
利尻ヘアカラートリートメントの方が、
ずっと短時間で済みますよね。

 

それでも、悪い口コミにあるように、
“20分以上待つのが嫌だ”
というのであれば、
白髪染めをするのを
諦めた方がいいかもしれません。

 

容器が固く出しづらい

この悪い口コミは、
ごく一部だったのですが、
利尻ヘアカラートリートメントの容器は、
少し分厚く、固めに作られています。

 

恐らく、容器が壊れやすいと、
中の染料が飛び散って、
色がいろんな場所についてしまうので、
それを避けるために、
分厚い容器になっているのでしょう。

 

ただ、利尻ヘアカラートリートメントは、
ちょこちょこ成分の見直しをしているので、
その際に容器の見直しも
していると思います。

だから、容器が改良されて、
より使いやすくなる事を期待したいですね。

 

利尻ヘアカラートリートメントの良い口コミ

ここまでは、
利尻ヘアカラートリートメントの、
悪い口コミを取り上げてきましたが、
一応、良い口コミもついでなので、
見てみましょう。

以下に、良い口コミをいくつか紹介します。

 

1回では染まらないだろうと
思っていた白髪が、
1回で目立たなくなってました。

染める前にシャンプーを3回、
すすぎはこれでもかってくらいしました。
枕に色が移るってレビューもあったので。
そのため色移りはしませんでしたが、
指が凄いことに!やっぱり手袋は必要でした。

これ、毎日したらすごくいい感じに
なるんじゃないでしょうか!?
トリートメントなので
髪も傷まずサラサラになってました。
出典元:利尻ヘアカラートリートメント 楽天

 

1週間に1度、
白髪染めに使用していますが、
まったく、自然な仕上がりです。

異臭もまったくなし
コストパフォーマンスも良く、
完璧だと思います。
出典元:利尻ヘアカラートリートメント 楽天

 

白髪染めの匂いが苦手で、
この商品を使おうと思いました。
お風呂で髪を洗った後
このトリートメントを使っています。

一気に染まるのではなく、
徐々に白髪が目立たなくなる
という染まり方です

匂いもほとんど気にならず、
乾かした後に艶も出ていて、
髪に優しいと思いました。
出典元:利尻ヘアカラートリートメント 楽天

 

上記の口コミが、
利尻ヘアカラートリートメントの、
良い口コミになります。

悪い口コミと比べて、

・染まり具合が良い
・ツンとする臭いが無い
・髪にツヤが出てサラサラになる

といった効果を実感しているようですね。

 

利尻ヘアカラートリートメントには、
28種類の植物エキスが入っているので、
白髪染め特有の嫌な匂いがなく、
しかも、髪質や頭皮環境を、
整える働きもあります。

その為、良い口コミを書いた人達は、
これらの成分の効果を
実感しているようでした。

 

因みに、
利尻ヘアカラートリートメントの場合、
良い口コミと悪い口コミの比率ですが、
90%近くが良い口コミでした。

それだけ、効果を実感している人が、
多くいるようですね!

 

まとめ

今回は、
利尻ヘアカラートリートメントの、
“悪い口コミから見る真実”
ということを調査してきました。

 

悪い口コミの内容から考えると、
利尻ヘアカラートリートメントを
使わない方が良い人というのは、

・薄毛になっても白髪をしっかり染めたい
・手が汚れるのに耐えられない
・20分以上の待ち時間が耐えられない
・握力が弱すぎて中身が出せない

といった人達になります。

 

一方で、
利尻ヘアカラートリートメントを、
使う価値がある人というのは、

・徐々に自然な色合いで白髪を染めたい
・白髪染めのツーンとした臭いが苦手な
・髪をツヤサラにしたい
・頭皮ケアを同時にしたい

といった人達になります。

 

その為、自分の生活環境や、
性格を考えながら、
利尻ヘアカラートリートメントを
使うか決めると、
「思っていたの違う!」
なんてミスマッチを防げるでしょう。

 

因みに、
利尻ヘアカラートリートメントは、
今なら初回限定キャンペーン中で、
以下の公式サイトから、
1,000円オフで手に入ります。

だから、試すなら、
今の内に手に入れるのがお得ですよ!
サスティの[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント

しかし、
利尻ヘアカラートリートメントも、
白髪を染めるにはオススメですが、
変に隠すのではなく、
内側から体調を整えて、
黒々とした髪を取り戻す方が、
本来のあるべき姿ではないかと感じました。

その為、私がオススメするのは、
"黒ツヤソフト"
というサプリメントになるので、
本気で白髪を良くしたい場合は、
こちらのサプリがオススメです。
今話題の『黒フサ習慣』はコチラから